マリンアクセス会社紹介

 
■海の恵みを価値ある「かたち」で
人々の暮らしの中へ、そして未来へ。
総合商社 伊藤忠商事のグループ力を生かして国内・海外からマグロを調達し、市場、環境の変化に応じた提案、加工を行い、スーパー・外食産業・コンビニエンスストアへ販売、あるいは海外への輸出も含め一括管理のもとで事業展開しています。
世界の海と日本の食卓をつなぎ豊かな食文化を創造していくために国内外からの「買い付け」・「補完」・「製造」・「商品開発」・「販売」など、多様な機能の提供を通じて付加価値あるサービスを展開しています。

 
■水産資源を取り巻く環境
世界的に水産資源の需要が高まる中、国内外で安定した水産資源の確保への重要性が高まっています。
「水産資源の持続可能な利用」や「安定的な調達と供給」といったニーズが
叫ばれる中、当社は安定調達から加工、販売まで、持続的なサプライチェーンを構築し日本の食文化、豊かな社会の実現に貢献しています。
 
■当社の特徴

・鮪の販売及び流通加工
当社は、保税蔵置場の許可を取得した超低温冷蔵庫(マイナス60度)を保有し、水産流通加工事業を推進しています。
・製品バーコードから原料原産国のみならず、誰によって箱詰めされたかまでのトレース情報を提供。食の安全・安心ニーズに対応しています。
・商品開発室を設置し、様々な販売業態の売場に合わせた商品開発に注力。食生活の変化により多様化するニーズに、スピーディに対応しています。
・自社の流通加工機能、商品開発機能に加え、販売面においても日本アクセス社と連携し、自らがニーズを創出し発信することにより、水産品の活性化につながる新たなValueを提供しています。
 
■環境方針
「海の恵み」を加工により価値ある「かたち」にし「鮮度」という商品を安全で安心な状態で供給することを通じ、人々の健康な食生活の実現を目指す企業として、その社会的使命を果たしつつ、同時に、地球環境への配慮に努め、次世代が豊かに安心して暮らせる社会の実現に貢献します。

■求める人物像
・水産分野を学んだ方はもちろん、魚、マグロが大好きな方歓迎します。
・食べることをはじめ「食」に対し興味を持ち、新しい食の提案や、安全安心への思いなど、食と職業を結びつけるイメージを描ける方。
・日本古来の和食、寿司の代名詞であるマグロ、水産品という海からの恵みを、より価値ある形で市場に提供し、新しい市場を開拓することに興味のある方

■先輩の出身校
<大学院>
東海大学、県立広島大学
 <大学>
山形大学、福島大学、駒澤大学、専修大学、中央大学 、東海大学、東京家政大学、東京農業大学、東洋大学、日本大学、文教大学、明治大学、山梨学院大学、静岡大学、常葉大学、岐阜経済大学、愛知教育大学、名城大学、三重大学、大阪経済法科大学、近畿大学、立命館大学、水産大学校、鹿児島大学
 <短大・高専・専門学校>
静岡英和学院大学短期大学部、東海大学短期大学部、常葉大学短期大学部