会社データ

事業内容 ・液化石油ガス(LPガス)の輸入・販売
・新エネルギー関連機器の販売
創 業 1960年
設 立 2011年 3月 1日
資本金 1億円
株 主 JXTGエネルギー株式会社
三井物産株式会社
丸紅株式会社
従業員数 単独 :  約300名
連結 : 約2,100名
売上高 2,761億円(2016年3月期)
2,350億円(2017年3月期)
2,745億円(2018年3月期)
代表者 代表取締役社長   岩井 清祐
事業所 ■本社
  東京都千代田区永田町2丁目11-1 山王パークタワー


■支店

【北海道支店】
  北海道札幌市中央区北5条西5丁目2-12 住友生命札幌ビル

【東北支店】
  宮城県仙台市青葉区中央1丁目6-35 東京建物仙台ビル

【関東支店】
  東京都千代田区永田町2丁目11-1 山王パークタワー

【東京支店】
  東京都千代田区永田町2丁目11-1 山王パークタワー

【中部支店】
  愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26-25 メイフィス名駅ビル

【北陸支店】
  石川県金沢市本町2丁目15-1 ポルテ金沢

【関西支店】
  大阪府大阪市北区梅田2丁目1-22 野村不動産西梅田ビル

【中国支店】
  広島市南区的場町1丁目2-16 グリーンタワー

【九州支店】
  福岡県福岡市博多区上川端町13-15 安田第7ビル


■海外事業所

【アブダビ事業所】
  Al Wahda Commercial Tower (1), 21st Floor, Suite No.2102 Hazza bin Zayed Street, Abu Dhabi, U.A.E. P.O. Box: 46862

【シンガポール事務所】
  4 Shenton Way #11-03 SGX Centre 2 , Singapore 068807
関連会社 【株主】
 JXTGエネルギー株式会社
 三井物産株式会社
 丸紅株式会社

【販売子会社】
 ENEOSグローブエナジー株式会社

【基地操業子会社】
 ENEOSグローブガスターミナル株式会社
 九州液化瓦斯福島基地株式会社
沿 革 1955年2月
 (JX)日本石油瓦斯株式会社設立

1960年 6月
  (MLG)ブリヂストン液化ガス株式会社設立

1962年 5月
  (MLG)世界初の低温式大型LPガスタンカー「ブリヂストン丸」
    竣工

1962年 5月
  (JX)「日石丸」にてサウジアラビアよりLPガス初輸入

1966年 8月
  (MLG)三井物産株式会社と資本提携

1981年 3月
  (MLG)三井液化ガス株式会社に社名変更

1991年 4月
  (MLG)三井石油株式会社と合併

1998年12月
  (MLG)LPガス国家備蓄事業に参画

2001年10月
  (JX)興亜ガス株式会社と合併、日本石油ガス株式会社に社名変更

2002年 6月
  (JX)日本石油ガス株式会社から新日本石油ガス株式会社に社名変更

2004年12月
  (MLG)三井石油株式会社からLPガス事業を分割し、
    三井液化ガス株式会社設立

2005年 7月
  (JX)新日本石油株式会社と合併

2008年 4月
  (MLG)丸紅ガスエナジー株式会社と合併、
    三井丸紅液化ガス株式会社設立

2010年 4月
  (JX)新日本石油株式会社と新日鉱ホールディングス経営統合

2010年 7月
  (JX)JX日鉱日石エネルギー株式会社に社名変更

2011年 3月
  JX日鉱日石エネルギー株式会社(現:JXTGエネルギー)のLPガス事業
  と三井丸紅液化ガス株式会社とが統合し、ENEOSグローブ株式会社
  設立

※(JX)日本石油瓦斯の沿革、(MLG)三井液化ガスの沿革
次世代育成支援対策 ■第3回行動計画(2014年4月1日~2017年3月31日)

目標1.安心して育児・介護に取り組める勤務制度および運用の整備
    
  社員が安心して育児・介護に取り組み、両立できる勤務制度および
  運用を整備し、必要に応じて見直す。

【対策】認可保育所入所困難時、介護の長期化対応を想定した育児・介護
特別休職制度の新設、育児を理由とした積立年休の取得(特別休暇の拡充)

目標2.ワークライフバランスのさらなる促進

  社員が仕事と生活の調和を図りながら、効率的に働くことが出来る
  勤務制度および運用を整備し、必要に応じて見直す。

【対策】フレックスタイム制度の定着化推進。


■第4回行動計画(2017年4月1日~2020年3月31日)

目標1.安心して育児・介護に取り組むことのできる勤務制度の活用促進

  社員が安心して育児・介護に取り組み、両立できる勤務制度の更なる
  活用を促進する。

【対策】・産前産後休暇・育児休業取得者(予定者含む)、介護休業取得者(予定者含む)とその上司に対し、状況に応じたきめ細やかなフォローの実施
・育児休業者に対する職場復帰支援プログラムの活用

目標2.ワークライフバランスのさらなる推進

  従業員が仕事と生活の調和を図りながら、効率的に働くことができる
  勤務制度の促進

【対策】・既存の長期休暇の奨励に加え、自身の誕生日や記念日等の
「アニバーサリー休暇」の取得促進
・各部署での業務効率化と時間外労働時間の削減によるワークライフバランスの推進
女性活躍推進行動計画 1.計画期間
2019年4月1日~2024年3月31日(5年間)

2.目標
・計画期間中の新卒採用者数に占める女性割合を平均30%以上とする     
・男女ともに仕事と家庭の両立ができるよう制度整備及び職場風土づくりを行う     
・女性管理職の育成・登用のために教育体制を整える

3.取組内容と実施時期
採用活動時に当社の女性活躍推進の取組みを周知し、女性応募者の増加を図る
・採用ホームページにて、女性活躍推進行動計画及び、制度の利用状況に関する情報を公開し、女性求職者に対してアピールする(2019年度~2023年度)
・性別にかかわらず共通の基準による採用選考を継続して実施する(2019年度~2023年度)

性別にかかわらず仕事と家庭を両立できる環境を整備し、社員のキャリア継続を支援する
・全社員が自己のキャリアを継続していくための諸制度を整える(2019年度~2023年度)
・男性社員の育児関連制度利用推進のため、制度説明資料を継続して掲示し、周知する(2019年度~2023年度)

女性社員がライフイベントに影響されずに自身の能力を最大限に発揮できる環境を整備し、男女の区別なく人材を育成する
・全社に女性活躍推進の意識づけを行い、性別にかかわらず活躍できる職場風土づくりを行う(2019年度~2023年度)
・産前休暇前面談、復帰前面談を実施することで、女性社員のキャリア継続を支援する(2019年度~2023年度)
・女性事務職に対しては総合職転換へ挑戦できる環境を整え、女性総合職に対してはキャリア教育を通して管理職への登用につなげる(2019年度~2023年度)
連絡先 〒100-6115
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー15F
TEL:03-5253-9150 FAX:03-5253-9490
総務人事部 人事グループ 採用担当
E-mail:saiyoh@eneos-globe.co.jp
URL:https://www.eneos-globe.co.jp/