社長メッセージ

社会に安心を
届け続けるために

代表取締役社長
山内 憲二
MS&ADシステムズが提供する価値とは

皆さんは、「保険」そして「システム」について、どんな印象をお持ちですか。日常ではあまり意識することがないかもしれませんが、私たちの生活を支えるために欠かせないものになっており、社会に「安心」を提供するための重要な制度です。

私たちは、意識していなくても、健康や生命、財産を失うリスクと隣り合わせで生活をしています。また、企業においては、製品の不具合や従業員のケガなどのリスクを背負っています。だからこそ、個人も企業も安心して活動できるようにするために、保険が必要なのです。当社が属するMS&ADインシュアランス グループは、そういったさまざまなニーズに合った保険を提供するグループです。

ただ、保険という商品は、自動車や電化製品のように目に見えるものではありません。この目に見えない保険という商品を見える形、例えば「こういう事故のときはこれくらい補償される」「この保険とこの保険はここが違う」など、画面や帳票等を介して、わかりやすく正確に保険を製品化するのがシステムなのです。

当社の使命は、MS&ADインシュアランス グループの持続的な保険ビジネスの成長を支え、社会に「安心」を提供すること。その為に、いかにITを駆使するか、当社の担う役割の重要度はどんどん増しています。
MS&ADシステムズが力を入れていくこと

例えば、自動運転機能をもった自動車が世の中に普及し、自動運転機能の不具合で事故を起こしてしまったら、誰の責任になると思いますか?運転手、それとも、自動車をつくったメーカーでしょうか。おそらく、その責任の多くは自動車メーカーが負うことになると思います。他にも、スマートハウスやロボットなどが普及すれば、人間によるミスは減少しても、その製品の不具合に伴う事故が発生するリスクは残ります。また、製品の不具合は人間のミスよりも大きな事故につながる恐れがあります。
このように、時代の変化とともに保険のカタチも大きく変わることが予想され、それを目に見える形にするシステムも対応していかなければなりません。私たちは、時代のニーズにあわせたシステムの構築に挑戦し続けます。

求める人財像
多くのモノがインターネットにつながるIoT化が進むにつれ、次世代の製品やサービスは今後ますます人にとって快適に感じるものになっていくでしょう。それは保険ニーズも多様化するということを意味します。保険を目に見える形にするシステムもIoTを利活用する、すなわち異業種他業界との関わりが多くなると思います。そういった意味で、常に広い視野を持ち、幅広いタイプの人とコミュニケーションをとることができる人財が必要になります。また、保険とITのプロフェッショナルとして、情熱とチャレンジ精神を持ち、変化する時代とともに未来を切り拓いていける方に、当社の次の時代を築いてほしいです。
学生へのメッセージ
人生の多くの割合を占める仕事は、興味があるかどうかを一つの軸にして選んでほしいと思います。興味のないことをやろうとしても、100%の力を発揮することは難しいはず。
自分が面白いと感じるもの、人生で大切だと思うことを、仕事にするとよいと思います。
ただ、希望する仕事に就けたとしても、最初のうちは苦しいこともあるでしょう。ですが、歯を食いしばり、力を蓄える時間も必要です。そして、自分に自信を持てることを一つでも多く見つけてください。すると、徐々に自分の思い描いていた働き方が実現できるようになってきます。仕事の醍醐味や、やりがいを感じられるその日まで、ひとつずつ成果を積み上げていく、そういう姿勢で仕事に臨んでほしいです。